アートアクアリウム展に行って来ました

 はじめまして。ワイズエッグのデザイナーです。

先日、東京の日本橋で開催されていた「アートアクアリウム展 2012」に行って来ました。
そこは、1,000匹を超える金魚たちが様々な手法で展示された美しいアートの空間でした。

人工的に作られた存在でありながらも、どこか神秘的な魅力を感じさせる金魚たち。
「アートアクアリウム展」では、そんな金魚たちが、現代テクノロジーの光や映像とのコラボレーションによって新しい日本文化を感じさせる、美しいアートとして表現された空間となっていました。


 

 
薄暗い、どこか怪しい雰囲気の空間の中で、鮮やかな色彩を放つ金魚は、まさに江戸時代の遊郭を思わせる、美しい日本文化の表現が成されています。様々な色に映る金魚は、まるで花魁の美を感じさせるような様々な魅力を漂わせていました。

こういった展示を、ただ見て、魅せられるだけで終わるのではなく、何が、どこが自身の何に触れたのか?感じたのか…?そうやって、自分に様々な感じた疑問を問いかけて"考えること”を私は心がけています。

それは、これからの作品のテーマや、色使い、手法、発想などの思いがけないきっかけになったりします。些細な事でも自分なりの答えを、日々、追求していく事が自身の表現に影響していくと思います。

今回のこの伝統的なアートと現代テクノロジーのコラボレーションの展示は、新しい「和」の表現の刺激を受け取った展示でした。
 


 

-----------------------------------

ダイナースクラブ
アートアクアリウム展&ナイトアクアリウム ~江戸・金魚の涼~
2012年8月17日(金)~9月24日(月)
日本橋三井ホールにて開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>