ワイズエッグの考え方O2O。

ども。
元締めことしゃちょーです。

さて標題の件、
うちの会社、ワイズエッグは、O2Oいわゆるオンラインツーオフラインの考え方を持ち、
WEBを用いたプロモーションを行なっています。

よくあるWEBの考え方としては、
WEBを見た人が、WEB上でショッピングをする流れを創る。です。
うちの考えは、
WEBを見た人が、現地のお店に行って、ショッピングをする流れを創る。

です。

ここ最近、KDDIが実証実験をやったり、ヤフーとセゾンが業務提携をしたりしています。

KDDIは、こんな感じ。—————————-
近年、多様化するネットワーク環境やスマートデバイスの普及により、ソーシャルメディアやウェブサイト内の評価および口コミを確認してから店舗で購入する など、ネット上の情報が実店舗での購買活動に影響を及ぼすといった、お客さまの新しい消費行動が拡大しています。KDDIとRetailigenceは、 こうした市場環境に対応するため、ネットと実店舗での購買活動が連携するO2Oプラットフォームの確立と、小売店の売上拡大につながるサービスの提供を目 指して、株式会社良品計画と株式会社リビングスタイルをはじめとする計7社と連携し、本実証実験を実施します。—————————-

ヤフーとセゾンは—————————
ヤフーとクレディセゾンは11月1日、両社の顧客利便性の向上を目的に業務提携したことを発表した。11月から順次さまざまな施策を実施していく。………….途中の文章を省略してます。……………..さらに2012年1月には、ヤフーのジオサービス「Yahoo!ロコ」との連携を開始。西友やヤマダ電機など、クレディセゾン提携店の割引情報や特典情報をYahoo!ロコに掲載していく。
—————————

どちらも、大手やからこそできるO2O。

さて、そんな中、僕らみたいな、小規模企業者だからこそ出来るO2Oって何でしょう?

ずばり、"地域特性と、その地域の風土から産まれたユーザーの嗜好、地域情報に即したO2O"

ワイズエッグは『規模の経済』で出来なかったり、『数字では拾う事の出来ない情報』を拾い上げ、
O2Oの仕組みを作り上げます。

結局の所、住んでいる所で、ユーザーは、消費をするんです。

神戸の地域特性、神戸の風土から産まれた文化、神戸のユーザーの嗜好、神戸の地域情報を
知っているワイズエッグだからこそ、できるO2Oの仕組みを作り上げ、
神戸の第三次産業を活性化させよう。を合い言葉に
ワイズエッグでは営業企画が日夜走り回り、企画開発は、神経をすり減らしてますw

やから、神戸でのO2Oは自信もってできるけど、神戸以外の地域、例えば京都の事はできません!!

という事で、ここでワイズエッグのO2Oの取り組みを2つ。

1つは、
神戸の事業主を応援する神戸のコミュニティKO-COブログ
昨日10月31日にリニューアルを行ないました。
このKO-COブログ、神戸にお住まいの方々が中心にご覧になっているので、
神戸で事業(特に第三次産業)をしている事業主の方によく利用をして頂いています。
ブログを閲覧しての来店をしたよー。というお話しを頂けた。という営業部からの報告をよくうけ、嬉しい限りです。

今回のリニューアルに伴い、神戸ブログアワードも実施予定です。
様々な職種、年代の方が書いてらっしゃるので、面白いアワードになりますよ!!

KO-COブログ
 

 そしてもう一つは、
先日、ブログでも書いた『ぐるぐる神戸』
こちらは全国最大級のオンラインツーオフラインイベント(位置登録ゲーム)です。
企画をぐるぐる神戸@三宮エリア運営委員会、企画協力に三宮センター街1丁目、2丁目、3丁目
が集まった 神戸好きがもっと神戸好きになる。をコンセプトとした位置登録ゲームです。
様々なトリビア情報をゲームの中に取り入れ、今日から、事前登録を受付中です。
(※ワイズエッグは開発運営に携わらさせて頂いています。)

ぐるぐる神戸 日本最大級のオンラインツーオフラインイベント

http://gurugurukobe.com

【第一回開催期間】  2011年11月15日~2011年11月29日
【参加者募集期間】  2011年11月1日~2011年11月10日
【募集人数】     500人

第一回目のゲームの公式サイトも。
発迷王PONちゃん

http://ponchan.biz

 皆さん、ぐるぐるしてくださいね〜。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>