第1回 ワイズエッグ釣り大会 in 須磨

7月の三連休
世間は家族で海水浴に出かける中
たまご戦士達は須磨の海に釣りにでかけていました。

今回の釣りメンバーは
元締め、作戦本部長、突撃前衛長の色気の無い3名です。

釣り場所は、須磨海釣り公園から少し離れた場所にある防波堤です。

ポイントに着いたら、早速釣りを開始しました。

オープニングヒットは元締めの「ベラ(20cm弱)」
続いて作戦本部長の「キス(20cm弱)」

とそれなりに続く中、
突撃前衛長こと俺は

(写真中央の魚はフグ(2cm弱)です。)

あまりの小ささに写真を取ることになりました。

それなりに釣果がでてきたところで、
だらだらな釣りから釣り大会へと変わりました。

この時点での釣果は
元締め : 2匹(ベラ×2)
作戦本部長 : 4匹(キス×2、コチ、ハオコゼ)
突撃前衛長 : 5匹(ベラ×2、フグ、ハゼ、コチ)

「何があろと勝たねばならない」という絶対使命の俺は
小さいハリを装備して、エサ取りのベラを狙うという姑息な手段炸裂。

元締めのブーイングも、勝ちにこだわる精神で完全無視。
(サビキはさすがに禁止でしたが・・・)

この作戦が功を奏し、またエサが無くなるという非常事態により
第1ラウンドは俺の勝ちでした。
第2ラウンドは海釣り公園での勝負となりました。

この時点での釣果は
元締め : 3匹(ベラ×2、コチ)
作戦本部長 : 5匹(キス×2、コチ×2、ハオコゼ)
突撃前衛長 : 7匹(ベラ×4、フグ、ハゼ、コチ)

場所を変えて、海釣り公園での第2ラウンドは波乱の戦いでした。

まずは2位で、今回のメンバーでは一番経験の薄い作戦本部長は
第2ラウンドでオープニングヒットを炸裂させるものの、
俺の記憶が正しければ

6回連続地球釣り(根掛り)により、リタイア。

1位の俺はというと、
潮の流れの速さにより、やる気を無くす。

しかし、現在3位の元締めは、
しゃちょーの意地で気合の2連続ヒットで、戦いが面白くなり
一発逆転チャンスとして30cm以上は2匹分に加算されるルールの追加で
1位の俺もやる気復活。

周りのオジサン達がでかいサバをウキ釣りで釣っているのを見て、
俺と元締めは仕掛けを真似すのも釣れない。

時間ギリギリに元締めの竿にでかいアタリがきましたが、
お約束どおり、魚は逃げました。

そうして、終了時間になりました。

最終結果は
元締め : 5匹(ベラ×2、コチ、フグ、アイナメ)
作戦本部長 : 6匹(キス×2、コチ×2、ハオコゼ×2)
突撃前衛長 : 7匹(ベラ×4、フグ、ハゼ、コチ)

第1回 ワイズエッグ釣り大会 in須磨の優勝は
突撃前衛長こと俺に決まりました。

俺が勝ったことは本当によかったことです。
万が一、元締めが優勝していたら、

サービス残業券

という、経営者なら喉から手が出るほどほしいアイテムをゲットされていましたから・・・。

とにかく、無事にワイズエッグ 釣り大会が終わりよかったです。
かなり暑くて、日焼けもひどいですが
とても有意義な社内レクリエーション(仮)だったと思います。

次回の開催を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>